仕事やお試し期間は?地方移住をする時の心得3つ

旅・ライフハック

こんにちは、お絵描きライターのKoiです。

関東→岡山(倉敷)→関東Uターン
絵描きの旅と移住ブログ

地方移住をしたい時、準備段階で何をしていくのがいいでしょうか?
新型コロナウイルスの影響で人口の多い都心部から
地方へ移住を検討する方も徐々に増えているようです。

そこで関東→岡山の地方都市へ7年間移住していた
私の体験談を元に踏まえた事を3ステップで書いていきます。

私と同じように単身で移住を検討されている方もぜひご参考になればと思います!

 

スポンサーリンク

仕事やお試し期間は?地方移住をする時の心得3つ

①仕事を辞めた後が転機!旅に出る

私自身も約5年ほど勤めた仕事を辞めた後に移住しました。

いきなり移住をしたのではなく、
そこで思いついたのが『一人旅

当時は色々と現状に思い悩んでいた為、自分の殻を破りたくて…
お試し一人旅からのお試し移住。

それまで一人で関東圏から出た事もなかった自分。
思い切って、南は九州〜関西圏、四国、東海地方など
青春18切符を使った2週間〜1ヶ月旅に出て、日本中を転々としました。

まず、慣れ親しんだ仕事を辞めるという事も勇気のいる事でした。
「勿体ないよ」と仲のいい同僚に止められたりしたけど、ここで決断できたのはラッキーでした。

なぜなら、当時は20代半ばすぎ。
30歳になる前に「普通じゃできない事」をしたかったから。

 

②独身なら早いうちが◎年齢も考慮

実際問題、シビアですが「自分の年齢を考える」というのは重要です。

ちょっとでもやりたいなあ、と思っている事があれば
若いうちに行動するに越した事はありません。

もちろん「挑戦するのに年齢など関係ない」という事が前提です。
始めた時が一番若いと思って行動できる事はとっても素敵!

だから『思い立ったが吉日』『若い頃の苦労は勝手でもしろ』
なんてことわざもありますよね。

後々の自分の年齢も考慮して
数年後のビジョンも少しづつ描いておくのも自分の為です!

 

③移住の下見に最適!失業給付期間

岡山へ移住する前に一人旅を始めた、と前述しましたが
私はこの一人旅の自由な期間を失業保険期間中に費やしました。

それまで働いていた仕事は社会保険に入っていた為
この失業保険の給付期間を利用して

失業給付中に収入を得ながら自由に旅をする』事も可能!

その為には就職したと見なされない
「1日4時間以上、週20時間未満のアルバイト」がベスト。

注意すべき点は、失業認定日にハローワークへ出向かないといけない事や

もし無申告で不正受給などが発覚した場合
最悪、もらえる金額の3倍を返納しないといけないペナルティなどもあります。

ここら辺を注意しながら
きちんと手続きを確認して、旅や移住の計画を立てる事が賢明です。

私自身もこの
「1日4時間以上、週20時間未満のアルバイト」の短期リゾートバイトしながら
一人旅と移住を叶えました。

その後の節約スキルが身に付いたのもこの頃からだったかも…

ぜひ、こういったアルバイト制度などをうまく利用して
自分に無理のない範囲でスケジュールを立てていくのいい体験です。

今後の旅と移住のご参考になればと思います^^

最後まで読んでいただきありがとうございました*

△▽△▽△▽△▽△
いみんずあーと   Koi

タイトルとURLをコピーしました