Koiってだれ?

まいんど・つぶやき

こんにちは、いみんずあーとのKoiです。

震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住
絵描きの旅と移住ブログ

 

 

自分を変えたい。

そんな風に思った事はありますか?

大げさに聞こえるかもしれないけど
私は20代の頃、自分が変わりたくて

どうにか変えたくて

そんな思いがどこかぼんやりありました。

どこか知らない遠くの街へ行きたい。

憧れの国や県外に住んでみたい。

将来は海が見える家でのんびり暮らしてみたい。

過去、生い立ち、周りの環境、仕事、人間関係

リセットしたい。

理由は色々だけど、私もある時から漠然と
その未知の経験がしてみたい、と思ってました。

 

スポンサーリンク

▪️ Koiのプロフィール

簡単に自己紹介をすると
3.11東日本大震災をきっかけに、仕事を辞め→国内を転々と一人旅。

2012年に地元の栃木→岡山へ地方移住しました。

とりあえず自分を変えるには環境を変えようと思いました。

 


倉敷の美容室の壁画制作

移住した岡山でフリーの絵描きもしてました。

今まで依頼された案件はほぼ岡山で知り合った方など。
そこから木の枝づたいに出会った人に頂く事が多かったです。

現在は【ココナラ】オンラインで似顔絵描いたり↓

 

\ プロフやSNSに!おしゃれな似顔絵アイコン /

時にはイベント出張似顔絵師

岡山保険会社のイベント

 

岡山住宅展示場のイベント

 

ウェディング似顔絵

 

こんな感じでフリーで、お絵描きライターなどしてます。

元々飽き性で、じっとしていられず
人と関わる事も好きなので接客や販売の仕事もやってました。

カフェのバリスタ、カジュアルバー、百貨店販売員、旅館の仲居、キャバクラのボーイ(笑)など。

書ききれないほど色々なバイトをやりました。

そんな一見自由奔放に見られる私の
移住生活を経て思った日常や、役立つ情報。
はたまた過去の葛藤なども書いたりしてます。

 

・いみんずあーとって何?

このブログ名、いみんずあーと↓

いみんず…移住、移民、遊牧民のイメージ。
なんとなく自分の中でしっくり。

あーと絵や音楽もART(アート)だけど
ただ生きてるだけでDIYでARTだと思ってる。

 

子供の頃から何かしら表現していたい願望がありました。

それは絵、音楽、文章、いろいろ。(岡山でバンドボーカルしてた時期もあり。笑)

ブログ名も元々『移民’s ART』でしたが、このブログを通じてオファーを頂いたFMくらしきラジオに出演する際にわかりやすくひらがなに改名しました。

***

同じ名前&同じ出身!岡山で奇跡的な出会いのラジオエピソードはこちら↓

【岡山移住】FM倉敷ラジオ移住者コーナーにゲスト出演しました!
こんにちは、いみんずあーとのKoiです。 震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住 絵描きの旅と移住ブログ 本日ご縁があって『FMくらしきラジオ』に移住者ゲストとして出演させて頂きました! 以前出演するきっかけの記事...

 

・一人旅→岡山へ移住


オーストラリア・メルボルンで20日間の

『一人旅』『地方移住』

人に話すと、すごいね!勇気があるね。なんて驚かれたりしました。

…私的にはあっという間の人生の7年間でした。

しかし今に至っては
よく考えたら普通に働いて生きてたら通れない
大変ラッキーな道のりでは?と考えます。

一人旅を始めたのは20代半ばすぎ。

最初は働いて収入を得ながらその土地に滞在できる方法の一つ
リゾートバイトを始めました。

何かを始めるのに年齢は関係ないと言います。

ですが、若いうちに経験するのに越した事はないと私自身は思います。

例えば、会社に入って正社員として仕事して…
新卒や20代前半はそんな働き方をしてた時期もありました。

今思えばそれはただ、自分の意志よりも
実家に一緒に住んでいた親の安定志向に応えたかっただけなのかなとも思います。

 

・20代前半。ブラック企業で転職ばかり

地元で細々と過ごす20代前半。

仕事も一向に上手くいかない時期があり、すぐに辞めては転職を繰り返す日々でした。

当時、とあるブラック会社で夜遅くまで働いていた私。
駆け出しの若気の私は、就職しても一向に続きませんでした。

その後、岡山で7年間の移住ライフを過ごして
現在まで世に溢れる仕事を色々やってきましたが

結果として自ら選んだ経験たちが何よりの財産と思ってます。

どんなお金持ちでも買うことができない…

自らの経験。

それに一人旅や移住を経験したからこそ
色んな人に出会えたり、辛い事も教訓になったり
考え方もかなり変わりました。

何が言いたいかって

自分を変えたいなら
『行動や環境を変える』ことが一番!

そうこうしてれば、いつしか人に合わせすぎたり
我慢する事もだんだん少なくなって

自分で決めれば自分が選んだ道はいつでも正しいし人のせいにもできない。

アホな私はこれを当たり前のようで知らなかった…(!)

学校の先生や親に教わってなかった事だとやっと身にしみて感じる事ができました。

そんな他人から見てアクティブに見られる自分も
実は子供の頃からものすごくネガティブだったのでした。

 

・暗黒幼少時代

後に親から聞いた話で、本人は全く覚えてないけど
物心つく前の小さい頃

「自分なんて生まれて来なきゃよかった…」と時々言う子供だったようです。怖い。笑

当時は別居を繰り返す両親の都合で小学校を3回転校。

引越しを何度も繰り返し、一時期は住む家もなく
親戚の家を転々としたり
少々波乱な幼少期を過ごしていました。

その為、必然的に我慢強い子供だったかもしれません。

幼少期や生い立ちのコンプレックスがあった私は
両親と物理的に離れて住んだ事も大きな変化でした。

 

▪️なんで岡山に移住したの?


純喫茶ウエダ(倉敷美観地区)

まず移住先の岡山で聞かれる言葉

『なんで東京や大阪の都会ではなく岡山に決めたの?』

98%聞かれました。笑

ずっと地元の栃木の実家で暮らしていた自分がある日
大きなきっかけから一人旅に目覚めて、外に飛び出してました。

最初は国内を転々として…
気づけばなんとなく岡山へ移住。

元々候補としては上がってたけど
最初は「どうしても岡山がいいから住んだ」って訳ではありませんでした。

***

地元栃木→岡山へ移住する理由についての記事はこちら↓

【人生リセット】地方から東京ではなく『大都会岡山』へ移住したメリットは?
こんにちは、お絵かきライターのKoiです。 震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住 絵描きの旅と移住ブログ 一年中、スタバのチャイティーラテがおいしい季節です。 こちらのブログをいろんな場所で書く事が好きな私。 部屋で書くよりな...

 

・移住当初は踏んだり蹴ったり

移住当初、私はいい大人につまらない嫌がらせを受けた時期がありました。
当時は屈辱的で悲しい気持ちになりました。

悔しくて腹が立ったけれど
『相手と同じ土俵に立ったら自分のレベルが下がってしまう』と思い一向に相手にせずグッと堪えていました。

しかし、当時は知り合いや友達もいなかったので
気軽に相談できる人が身近にいなかったのが一番辛かった。

そして仕事もなかなか見つからず、お金もなくなる一方で色々な焦りも感じてました。

そんな中、なんとか自ら岡山で絵の個展を開く事ができたけど
個展先の道端で財布と携帯、家の鍵、貴重品を全て紛失…泣

(一度も返ってくる事はなかった)

まさに移住一年目は踏んだり蹴ったりのスタート。

しかし初っ端から底辺を味わった為『これ以上は上がるしかない』と不思議と開き直れた。

財布はなんとかなるけど、嫌なものは嫌でいい。

と、今思えば

よくよく考えてみると一見嫌な出来事も
自分の考え方(マインド)次第でぐるりと人生が変わるとも感じました。

それらの悲しい事件がきっかけで
嫌な人間関係とは自然と縁が切れてき、結果的にいい方へ向かいます。

疲れたらふと、立ち止まりこう自問自答する。

『一体何にすがりついてるの?』

そして色んな出来事があったからこそ
自分を見つめ直して内なる変化が生きてく上で大事だと今でも感じてます。

***

『地方移住ってどうなの?』と疑問に思ってた事についての記事はこちら↓

岡山移住はやめるべき?地方移住7年の本音!メリット&デメリットもご紹介
こんにちは、お絵描きライターのKoiです。 震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住 絵描きの旅と移住ブログ 移住の悩みは十人十色。 『まだ東京で消耗してるの?』 と、かの有名な言葉もありますが(←Tw...

 

・自分を変える方法3つ

もしあなたが自分を変えたいな…と思っているなら
その世界を手っ取り早く変える方法があります。

どんなにAIやIT文明が発達して情報が網羅しようが変わらない事があります。それが以下3つ↓

 

1:今の環境を強引に変える

まず、動くのは自分

2:自分の頭でめっちゃ考える

次に脳。自分の頭で調べ、考えます。
スマホでググりまくったり本を読んだりするのでOK。
決して情報クレクレくんになってはいけない。うざいから笑

3:ちょっとでもワクワクする事に限定

そして何より大事なのが3。
生きてるのにワクワクしなかったら意味ないですよね。

たくさん本を読んでも
グーグル先生で検索しても検索しても検索しても…

答えはそれしかないです。
自らの行動と経験。

あと、忘れちゃいけないのが
自分を大切にすれば相手も大切にしてくれるという事。

岡山へ移住したよそ者の私のモットーは『礼儀正しく図々しく』

そして移住先の岡山(倉敷)から栃木へ戻る時
最終的に出会ったたくさんの友達が集まって私を送り出してくれました。

その瞬間、7年間の辛く大変だった事もすべて吹っ飛んでしまい
どうでもよくなりました。

その思い出と経験
それによってどこからか湧き上がる根拠のない自信。

私の中で一生消える事はなく何物にも代えがたい宝物です。

 

・ここで伝えたいこと

台湾でお気に入りの壁画前で。偶然にも壁画とTシャツが一致。笑

私のように、単身移住者は最初は知り合いもいないのでメンタル面がやられる事が多いです。

私のこのブログを見ている誰かの役に立って
何かのきっかけになったらとても嬉しいし、面白いなと思ってます。

現に、自分はたくさんの方に助けられてきて
岡山(倉敷)を離れる時も、自分の周りにある環境や友達、職場の人、ご近所さんのことが大好きでした。

岡山は別名『晴れの国』
そんな晴れの国も、2018年7月に西日本豪雨災害を経験しました。

そんな中、私もふとしたきっかけで倉敷の友人と復興チャリティーTシャツを作ったり、ここでも貴重な経験ができたと思う。

***

”アレ”をモチーフにデザイン!チャリT記事はこちら↓

【西日本豪雨】倉敷3人組でチャリティーTシャツをデザインしてみた【復興支援】
こんにちは、いみんずあーとのKoiです。 震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住 絵描きの旅と移住ブログ 最近はブログを書きながら、メルボルン渡航の予定を立てながら何やらと慌ただしい日々。 そう、西日本豪雨の復興チャリ...

私が移住した岡山(倉敷)は山も海も都会へ行くのもアクセスがよくて、ごはんがとても美味しい!

同じ境遇の移住者も他県より比較的多く、生活環境で言えばかなり住みやすいと思ってます。
しかし、このブログで言いたいのは岡山移住のススメではありません。

今の時代、恵まれてると思う。好きこそ物の上手なれ

好きな事やってればなんとかなるよって事です。笑

でもそれを極めるって意外とむずいから。
私は職人気質でも作家気質でもない。

ただの飽き性と好奇心。

色んな経験をして色んな技術と知識を磨きたい。

移住生活を終えて関東に戻ってきた今も自問自答を繰り返す日々です。

移住に限らず、今までの私の出会った知識、経験
好きな事、面白いことを少しでも共有できれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました*

△▽△▽△▽△▽△
いみんずあーと  Koi

タイトルとURLをコピーしました