【コンプレックス】ダサい自分を見せれると楽になるよ

まいんど・つぶやき

こんにちは、いみんずあーとのKoiです。

震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住
絵描きの旅と移住ブログ

 

体育座りではなく”ロマンチックあげるよポーズ”と呼ぶ

 

ダサい自分に自己嫌悪。

 

自分のかっこ悪いところを見せると楽になれる。

最近思う

人の目を気にしすぎて生きづらい人へ

人ってそんなに『自分』の事を見てないんだよ。あなたの事なんて。

いや、見てるかも。鼻クソついてる…とか見てるかもだけど。

みんな自分の事で精一杯です。

完璧な人なんているわけなくて
人間だから汚い部分も足りない部分も誰だって持ってる。

けれど、みんなそれを率先して表に出す人はいない。

誰だって
かっこよく見られたいし
きれいに、かわいく見られたいし
幸せそうに見られたい
お金持ちに見られたかったり
頭良さそうに見られたい

けど…

そこまで他人を気にすることはないのかも。

言ってみれば、ダサい人はそこから改善する余地しかないんだから。笑

 

ダサいところに感動する、共感してもらえる

おや、いい事ばかり…?

外見に気を使わなぎるのとは意味が違うけど(※清潔感は大事です)

ここで言うのは精神的な事。

何かに好きなことに夢中になっている人ほど

周りにどう見られてるかとか気にしていないし

周りの意見も気にしなかったりする。(聞くけど鵜呑みにしないとか)

ただただ、どんどんやってのける。

ただただ、自分の信じた道を進んでる。

それは深く暗い森の中を進み続けるように、ただただ光を探す。

周りを気にする人はいつも他人の物差しを持ち出してしまう。

いやいや、他人の物差しなんて本当に必要か?

自分のかっこ悪い(ダサい)ところもオープンにして

もし何か自分の得意分野、世界や視野を広げたい!と思うんだったら
いい部分ばかりを見せるんじゃなくて、ダサくて弱い部分を出し

なぜなら楽になれるし、自分が前に進めるから。

そして自分にとって『必要なもの』と『不必要なもの』が見えてくる。

私自身も、幼少期から家庭の事情で引っ越しばかり、小学校を3回転校しました。
住居を転々として、家がなくて親戚の家に居候する過去もあったり

幼少期のコンプレックスが強かった事も書いてる。

そんで自己肯定感がめちゃ低かった。

自分が育ってきた環境に
素直に「感謝」ができない自分が苦しかった時期もあった。

だから周りを見渡して普通に幸せそうな人たち見ると「別世界」のように感じる時もある。

でもこれは仕方のない事だ、と毎回受け入れてる。
無理して嫌な過去を好きになる必要もないから。

自分の気持ちを素直に受け入れる。自己受容する。

自分の感情に嘘をつく必要はない。と思った。
自分を本当に知ってるのは自分だけだから。

弱くてかっこ悪くてダサい自分
自分が気にするほど周りは気にしてないです。

だから、好きな事をしてひたすら進み続けよう。
生き続けよう。

 

 

と、10年前の自分に語ってみたよ。

他人の目ばかり気にしてた昔の自分よ…

頑張れ私。
頑張れ、あなた。

 

PS .

日々生きてるといろんな事がありますよね。
ムカつく事も悲しい事も

でも信じるのは己のみですよ。
自分にだけは嘘ついちゃいけんと思った。
今日も楽しく仕事できてご飯が美味しかったです。感謝

最後まで読んでいただきありがとうございました*

△▽△▽△▽△▽△
いみんずあーと  Koi

タイトルとURLをコピーしました