【東京弾丸旅】友達作り&旅好きの私が一人旅が嫌いになった瞬間【岡山→関東帰省3日目②】

国内旅

こんにちは、いみんずあーとのKoiです。

震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住
絵描きの旅と移住ブログ

東京滞在3日目の最終日。

私は日本橋にある宿のベッドの中にいた。

ドミトリーといって女性専用の相部屋なのですが

ふと、寂しさがこみ上げてきた。

私の中の大きな心情の変化…

去年、オーストラリアのメルボルンへ行って帰ってから
一人旅が苦手だ。

20代後半から今まではへっちゃらで、むしろ気楽な一人旅を悠々と楽しんでましたが
今年に入り無性につまらなくて、一人の時間に飽き飽きしてる。

この感覚がわかる!と言ってくれた同世代の一人旅好き女子にも以前、出会いました。

別に新幹線も、飛行機も一人で乗れるけど

とにかく、一人旅つまらない。笑

自分の為だけの時間に飽きる年頃のようです♩ଘ( ˊᵕˋ )ଓ

今まで不思議なくらい湧き上がってこなかった感情なので

常に誰かといなくても、ましてや恋人なんていなくても全然平気だった。

飽きた→寂しい→誰かとこの時間を共有したい

人の為に何かしたい…

( ;∀;)ううう!!

そう考えてるうちに居ても立ってもいられなくなり
私は宿のベッドを抜け出して近所を彷徨いました。笑

高層ビルの夜道
飲食店もぽつぽつと開いていて

一軒の個人経営っぽい小さなバーが目に留まった。

看板を眺める私にお店の方が「よかったらどうぞ〜」と一声かけてくれた。

知り合いも誰もいない東京のど真ん中でただ、それだけが嬉しかった。

後に岡山の倉敷で飲み歩いたカンを頼りに思わず入って正解でした。

お店のカウンター内で30代の男性二人が切り盛り
カウンターに同世代の女性の方(後に連絡先交換した笑)
後ろの席に気さくなカップル。

しばしその場にいる方たちとお話ししながら楽しくお酒を飲んだ。

 

 

店内には店主が世界中を旅して集めた色んな国のエチケット袋(飛行機にあるやつ)が飾られてました↓

 

 

そう、ここ東京では

北は北海道から南は島根、みんな県外出身者。

普通に移民だらけ、が当たり前。

自分だけじゃない

みんな違うところから来て、新しい出会いと新しい生活を始めた人たち…

正直、居心地がいいなと感じて

年上の方も多かったけどその場は新鮮でフレッシュな空気に感じた。

岡山、倉敷という地方の独特な夜の空気も好きですが

初めてなのに、ここ東京の一角がとても落ち着く感じ。

「バツイチはマルイチだよ!」

そんな笑い話も出たり
初めて会うのに今悩んでいる事も色々話した気がする。

誰かと仲良くなりたい時、一番は自分の弱さと悩みを話す。

最後に一緒にカウンターで飲んでくれた同世代の女性に
一杯自分から奢るつもりが、トイレに行ってる間に逆に奢られてしまいました。

 

 

つくづく私は出会う人たちから

コミュニケーションを学んだり励まされたりして日々生きてる。

一度出会った方達は、きっとまたいつか会うと思う。

この日は外に出る前よりほろ酔い、いい気分で宿に戻り眠りについた。

正直、当初予定していた実家に帰れなかった事が心残りであった為
しばらく岡山へ帰ってからもイライラしていたけど…。笑

しばらく今はただ、クールダウンの期間を作ろうと思う。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました*

△▽△▽△▽△▽△
いみんずあーと   Koi

タイトルとURLをコピーしました