【岡山→メルボルン旅】まるで下北沢!フィッツロイで出会ったおしゃれさん【イラスト】

メルボルン

こんにちは、いみんずあーとのKoiです。

震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住
絵描きの旅と移住ブログ

 

今日は【絵描きのメルボルン一人旅】記事の続編

メルボルンやフィッツロイの街で出会ったものや人を紹介!

フィッツロイはメルボルンの中心部から少し離れた場所で

  • アート
  • 音楽
  • カフェ&バー
  • 古着屋、雑貨屋
  • 多国籍料理屋
    などがひしめき合う、とっても楽しい街!

ボヘミアン文化が根強く残り、東京の下北沢を思わせる下町感があります。

シティほど背の高い建物もなく、ヨーロピアン調の古い建造物が立ち並び、かつ、若者の街。

全体的にレトロで可愛い街です。

 

20日間メルボルン 旅をしてましたが

滞在中は2回しか行けず「もっと訪れたかったなぁ」と思う街です。

次回行く時は「もっとのんびりフィッツロイを満喫したい!」てくらいお気に入りです。

そしてアーティスティックな表紙の本を眺めるだけでも本屋巡りが一つの楽しみでもある↓

 

うさぎのイラストが窓に描かれて可愛かった。
この本屋でおしゃれさん発見!

 

本屋のカウンターにいたタトゥーだらけの男性。
服装はシンプルなのによく見たらメガネのフレームの下部分だけオレンジ色ですごくおしゃれ!って思った。

街の人の個性的なファッションを見てるだけでもフィッツロイは面白い!

そう、今思えばメルボルンの短期戦の私にはバスキングよりも

いろんな場所に移動しながら描くスケッチスタイルの方が性に合ってたかも。


なぜかフリーダカーロの本やアートワークが日本より遥かに多い印象。
メルボルンの人はフリーダ好き??

最後まで読んでいただきありがとうございました*

△▽△▽△▽△▽△
いみんずあーと  Koi

タイトルとURLをコピーしました