岡山に移住して7年間テレビがない生活

こんにちは、お絵描きライターのKoiです。

震災後に関東→岡山(倉敷)へ地方移住
絵描きの旅と移住ブログ

 

倉敷の喫茶店のママと猫たちの似顔絵
誕生日プレゼントのオーダー頂きました。

***

※こちらのイラストは猫が店長?『喫茶ウエダ』
お店の紹介記事はこちら↓

 

今回は岡山に移住してから
7年間テレビなし生活について。

そう、私の部屋にはずっとテレビがないです。

これはよく驚かれるんですが
私自身は正直なんとも思いません。普通です。笑

先日ラジオ出演をしてラジオというものをとても身近に感じたので
ラジオとテレビの違いってなんだろう?
って事も今日は書いてみました♩

 

・ラジオの魅力は『声と想像力』

先日、FMくらしきラジオに出演させて頂いた時
帰り際にその日に収録されたCDを記念に頂いて帰りました。

改めて自分の声を聴くのはちょっと勇気がいりましたが

家に帰ってCDをディスクに入れ
その日の15分間の収録を聴いてみて思った事…

声で伝えて、聴くって楽しい!

声で話す、耳で聴く、その場で初対面の人々に出会った時

”今、体感している”という五感を使ったアクション。

後から聴いても想像したりそれを感じ取る事ができ
一人部屋でニヤニヤしてしまった。笑

「あ、自分この時こんな質問されてこんな事話してたのか…」とか

ラジオって目で見るものではないから
耳で聴いて、想像して、脳を使ってる。

しかも自分の声聴きたくないわ〜って思ったけど

ラジオの音声ってすごく繊細でピュアに聴こえるので
不思議と自分の声に嫌悪感は湧かず
むしろ、私結構いい声してるんじゃ?笑

動画時代と言われる今、YouTubeや目から受けるネットの情報が溢れまくり。

自分の頭で物事を考えに行く。

脳みそはいつも使ってた方がいいんでしょう。

先日ふと思い立ち、スマホでラジオアプリ
Voisy(ボイシー)をインストールして色んなパーソナリティのラジオを聴いてみました。

ふと癒しを求めて人間の声が聴きたくなる事があるんですね…

 

・震災きっかけでテレビを観ない生活

冒頭にも書きましたが、私の部屋には7年ほどテレビがないです。
ノーメディア生活は7年ほど。

この旅と移住きっかけでもある東日本大震災以来、ちゃんとテレビを観てないですね。

実際に国会へ行ってジャーナリストとか政治家を見に行ったりしてたので興味がなくなった。笑
ああ、また嘘ついてるんかなーとか
この裏では何が起きてるだろうとか…

もう色々考えてしまって疲れちゃったんですね。
だからシャットアウトしてみた。

因みに当時は原発のことを調べまくって
→電気代のことも調べる
→テレビが電気代食う
→いらない
という結論でした。
(ネットはテレビより全然電気代食わないです)

特に無理して節約してるわけでもなくこの生活に慣れていたので、電気代月々1000円前後。
真冬でも2000円に達する事はなく
一時期は自分でも驚きの最安価800円代でした。笑

ニュースは見たいときにネットでも見れるし

そんなこんなで7年も経ってたよ、というわけです。
人間て何でも慣れる生き物だ…!

もちろん世間の流行についてけない
話に乗れない事はしょっちゅうある。笑

それでも今テレビが必要とも、欲しいとまで思いませんが

やはり”人間が落ち着いて話す声”を聴いて安心する要素はどこかあるんですよね。

五感の一つ
耳を使って脳を使う→想像。

なので個人的にラジオが今後、面白くなって
もっと需要出てくるんじゃないかなあと思ってる( ・∇・)

最後まで読んでいただきありがとうございました*

△▽△▽△▽△▽△
いみんずあーと   Koi

タイトルとURLをコピーしました